Senbe

A money recording app

戻る

マネーレコーディングを始めよう

マネーレコーディングとは?

- マネーレコーディングとは財布の残金を記録していくことでお金の管理をする管理方法です。
- マネーレコーディングの目的は、"お金を管理する習慣を身につける"ことです。
- 使用した金額、内訳を入力していく従来の家計簿とは違い、記録を習慣づけることを重視しています。

家計簿を続けるのはメンドクサイ

一般の家計簿は、記録するのがめんどうです。例えば、
- 支出、収入、内訳...入力することが多すぎる
- レシートもらい忘れないようにしなきゃ...
- 忘れないうちに家計簿つけないと...
と、いった点が挙げられます。
しっかりと記録して、データを分析することで、家計改善に効果はあるかもしれませんが、続けるのが大変です。
まずは、お金を記録することで、「お金を意識する。」という習慣を身につけることから始めてみてはいかがでしょうか?
家計簿をつけ始めるのは、その後でも遅くはありません。

マネーレコーディングのコツ

- きっちりつけようとしない。
1円単位、10円単位で記録する必要はありません。だいたいどのぐらい財布の中にお金が入っているのかわかれば充分です。
- 内訳を細かくつけようとしない。
「これは食費かな?交際費かな?」など、考えているだけでめんどくさくなってしまいます。
あとから、お金を使った内容をだいたい記録するだけでも、何もしないよりは効果を期待できるし、めんどくさくないから続けられます。
また、Senbeでは、前回の残高ログとの差額が表示されます。これを利用して、内訳入力の際に役立てることもできます。
夜寝る前などに、差額を見て、何に使ったかを思い出して、メモしておきましょう。
このときも、きっちり全てを記録しようとせずに、なんとなく記録するようにして、とにかく記録する習慣を身につけるようにしましょう。